雨漏りの原因と修理費用の相場

雨が降り出してきた時にその雨から室内を守ってくれるのが屋根や壁です。


これらが雨の侵入を防ぐことで室内で快適に過ごすことができますが、何らかの理由で雨が侵入してくる状態を雨漏りといいます。

雨漏りが起こる原因は単純にいえば雨である水を上手く家の流しだすことができないといった理由からです。


しかし、その雨漏りの原因はさまざまです。
原因として考えられるのが瓦やスレート、また鉄板などの屋根の部材が外れたり、ヒビが入った場合や剥がれてしまった場合などです。
いずれも経年の劣化によって発生するものですが、特に金属を使ったものの場合には腐食が原因で起こりやすい場所といえます。
また排水が上手く行かず溢れてしまって雨漏りの原因となるケースもあります。



修理費用の相場はさまざまですが、依頼した時点で1万円以上は必要です。



簡易な修理、例えば瓦やスレートの交換であれば数時間で完了するので1万円から2万円が修理費用の相場となっています。

一方、本格的な工事を行った場合には10万円以上は必要になってきます。実際のところは修理費用は屋根の面積によって大きく変わってきますが、部分的な補修であれば30万円以上、本格的に屋根を触るといった場合には100万円から300万円は修理費用が掛かります。ただし、雨漏りが複数箇所で発生しているような状態には部分的に修理をするよりもすべてを変えた方がトータルでコストが安上がりな場合があります。